HOME

地球号の危機ニュースレター

国内外の環境、資源・エネルギー、人口問題をはじめ様々な社会問題を紹介。マスメディアでは取り上げられにくいローカル情報なども掲載しています。

 


 

パンフレット

複雑な構造でわかりにくくなっている社会問題や、意義の高い社会的な取り組みについて、やさしく解説した小冊子を制作し、無料でお配りしています。

講演会・シンポジウム

様々な社会問題の分野で活躍しているNPO・NGOの活動家や学術研究者を講師に招き、講演会やシンポジウムなどを月一回開催しています。

 


 

助成金事業

各分野の社会問題の問題解決に取り組み、当財団の活動主旨、目的を共にする個人、NGO、NPOに助成金を給付し、活動を支援しています。

直近のイベント情報

ダムネーション上映会

  • 日 時: 2015年3月14日(土) 14:00~16:30(開場13:30)
  • 会 場: 東京ウィメンズプラザホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
  • 講 演: 神田浩史さん(西濃環境NPOネットワーク副会長、AMネット理事)、木口由香さん(メコン・ウォッチ事務局長)
  • 参加費: 前売券・予約=500円/当日券=800円/主催3団体会員・学生=無料(ただし要事前予約)

  アウトドアブランド「パタゴニア」の創業者イヴォン・シュイナードが制作指揮した、無駄なダムを撤去し、川の自由を取り戻すために活動する人びとの姿を追ったドキュメンタリー映画「ダムネーション」の上映会。米国ではいま「ダム撤去ムーブメント」が広がり、すでに500基以上のダムが取り去られたといいます。なぜダムを壊す必要があるのか、そしてダムが消えた川に何が起こったのか。自然と人間の新しい関係の物語をみなさんと一緒に鑑賞します。

 

水道水にフッ素を入れないで!〜吉川市民が拒否した水道水フッ素化とは何か

  • 日 時: 2015年4月1日(土) 19:00~21:00(開場18:30)
  • 会 場: 大竹財団会議室(東京都中央区京橋1-1-5セントラルビル11階
  • 講 演: 秋庭賢司さん(日本フッ素研究会評議員、歯科医師)
  • 参加費: 一般=500円(学生、大竹財団会員=無料)

   2月22日におこなわれた埼玉県吉川市の市長選において争点のひとつになった「水道水フロリデーション(フッ素化)」。あまり聞き慣れない水道水フロリデーションとは、虫歯予防を目的として水道水にフッ素化合物を添加すること。日本では一般に「虫歯予防=フッ素」という認識が定着していますが、専門家の間では安全性について賛否両論あり、斑状歯の発症や発がん性の懸念、最近では血漿中のフッ素濃度によって子どもたちのIQ(知能指数)が大幅に下がるといった研究結果も報告されています。

 

イベント報告

image

<大竹財団講演会報告>
『ショック・ドクトリン』上映会+トークライブ
トークゲスト:中山智香子さん、内田聖子さん

  映画の中で比較的多くチリの話が出るのですがそれが第一のポイントです。新自由主義と言うと普通、1980年代に出てくる英米圏のサッチャーやレーガン、日本で言うとその時期は中曽根ですが、それらに先立ってすでに70年代にチリで始まったのです。1973年9月11日、ピノチェト将軍がクーデタを起こしました。クーデタの後にスタジアムに人を収容したり、虐殺を行ったり、拉致を行ったり、反対者、批判者たちを非人道的に弾圧しながら、市場開放の経済政策を進めました。

 

イベント報告 

image<大竹財団講演会報告>
終わらない紛争、それでもここで生きていく~スーダン・南コルドファン州での紛争被災民支援報告
講師:今井高樹さん

  スーダンは二年前、スーダンと南スーダンに分かれましたが、二国間の緊張は南スーダン独立後もずっと続いています。私たちJVCが活動している南コルドファン州の紛争は2011年6月、ちょうど南スーダンの独立する直前に勃発しました。紛争の当事者はスーダン政府軍とSPLM-N(Sudan People's Liberation Movement North)という、スーダン人民解放軍 “北部”の二つが戦っています。この南コルドファン州は、州の真ん中辺りにヌバ山地と呼ばれる地域があり、ヌバの人たちは独自の言語・文化を持ち、伝統的な信仰を守っている人たちです。